情熱の赤いバラ100万本プロジェクトとは

赤いバラには「情熱・愛情」という意味があり、また、バラの葉には 「あなたの幸福を祈ります」という贈る人の優しさや思いやりの気持ちを伝える葉言葉があります。優しさと思いやりの象徴の花の中でも『情熱・愛情という花言葉を持つ赤いバラ』は、 敬老の日にもふさわしい贈り物といえます。

この赤いバラを敬老の日や高齢者の誕生日などの記念日に贈る習慣を日本のみならず世界に広めていけるよう現在、私たちは「情熱の赤いバラ100万本プロジェクト」として、全国の高齢者100万人を目標に贈る活動を行っております。

 

子供たちに高齢者に対する優しさと思いやりの心を育んでもらう活動

私たち赤バラ協会の掲げる「高齢者と子どもたちをつなぐプロジェクト」として地域の幼稚園へ依頼し、子どもたちから子供たちにバラを手渡しで贈る活動で中で高齢者に対する優しさと思いやりの心を育んでもらう活動です。

また、キッザニア甲子園にて多くの子ども達に私たちの活動に触れてもらいました。

PROJECT01-01

子どもたちと過ごすことの少ない高齢者の方々は、可愛い訪問者に満面の笑みで迎えられ、会話もはずみ、大変喜んでいただきました。

 

高齢者の方へ敬老の日や誕生日に赤いバラを贈る習慣を促進する活動 

私たち赤バラ協会は敬老の日を含む9月を敬老月間と定め街頭や商業施設などで「赤いバラ」を直接、高齢者の方や一緒に暮らす高齢者の方に贈って頂ける方に配布する活動を行っております。この活動を通して高齢者の方に赤いバラを敬老の日や誕生日、記念日に贈る習慣が全国に定着するよう活動を行っております。

PROJECT01-02

 

THE ACTIVITY REPORT 2007~2014

提携農園

「こういう活動だったら喜んで!」と毎年、全国の高齢者の方々にお届けするバラを育ててくださいます。  

赤バラサポーター

活動にご理解いただいている登録ボランティアの皆さまに農園から直送されたバラの棘取りからラッピングまでをお手伝い頂いています。

自衛隊ボランティア

地域での配布活動の際に宇都宮駐屯地の自衛隊の皆さまがバラのラッピング作業をお手伝いくださいました。  

NGK

よしもと新喜劇を観覧後の60歳以上の方々にお声を掛け、1000本のバラのプリザーブドフラワーをお贈りしました。
協力 吉本興業株式会社

CHINA

日中間の友誼を高め、両国の共同発展を期待し、2013年北京にて情熱の赤いバラ100本プロジェクトを実施しました。
協力 中日韓経済発展協会/中小企業促進専門委員会

KIDS CLUB

赤いバラを贈る意味を知るために、紙芝居を使った事前学習を得て、地域の老人ホームを訪問し、手渡しでバラをお届けしました。
協力 堺市/堺市内の保育園の子供たち

協力

陵東館スタッフの皆さま、新金岡西保育園スタッフの皆さまと園児たち、なないろ保育園スタッフの皆さまと園児 たち、堺市長 竹山修身さま、近畿俳優協会会長 田中弘史さま、文化人 藤本統紀子さま、タレント 浅川美智子さま、元宝塚歌劇 星組副組長 萬あきらさま、わいわい写真クラブのメンバーの皆さま・La Flureさま・情熱の赤いバラ協会のボランティアの皆さま

企画

【ROSE INCONNU】